メンズ美容の基礎知識、テクニック、おすすめのアイテムなどを紹介するメディアです

妻は夫の体臭が気になるも、夫は気づかずケアもおろそかなことが数字でも証明される

ソフトブレーン・フィールドは、6月13日、30~40代の既婚女性1156名を対象とした「夫のスキンケア」についての調査結果を発表しました。
それによると、妻から見て夫はスキンケアを気にしていると感じる人は平均で5割を超えました。年代別に見ても60代以上を除く全ての年代で気にしていない人を上回っており、意外に男性の意識が高く見られていることが分かります。

では、どのような点を気にしているかを見ると、第1位が加齢臭などの体臭となり、続けて薄毛となっています。
それ以降は、汗や腋の臭いなどの体臭、乾燥肌、カミソリ負け、シミ・シワ、オイリー肌と続いています。

一方、妻が夫のどのような点を気にしているかを聞いた設問では、圧倒的に加齢臭・ミドル脂臭などの体臭が第1位となりました。
第2位も汗や腋、足の臭いとなり、一緒に暮らす妻にとって、夫の体臭がかなり気になる存在であることが分かります。

では、この悩みに対し実際にケアを行っているかを聞くと、自分自身が悩みと感じている夫は半分以上の方がケアを実際に行っているようです。
一方で、妻は気にしているが夫は気にしていない悩みについては、ケアをしている方が4割弱となり、意識と実際の行動にずれが生じていることが分かりました。

最後に実際に男性が使用しているケア用品を聞くと、第1位は洗顔料となりました。
以降はシェービング剤、デオドラント剤、フェイスケア、スカルプケアシャンプーと続いています。

この調査結果を見ると、妻は夫の体臭を気にしているが、実際にケアを行っている男性は少ないことが分かります。
デオドラント剤の使用者は、もっとも多い40代で4割に留まっていますが、これを見ると気になるものの実際の行動に移す男性は少ないわけです。

ただ、体臭は一緒に暮らす妻だけでなく、男女問わず周囲の人間にも大きく影響を与えます。昨今は、スメハラなどという言葉もあるように、体臭対策を行っていない人間に対し、冷たい視線が投げかけられるようになっています。
体臭は、なかなか自分では分からないものです。ですから、日頃からこまめにケアをしていくことが大切です。

ケアの方法としては、1)毎日入浴を欠かさない、2)保湿ケアをしっかり行い肌の健康を保つ、3)消臭石けん、消臭剤、汗拭きシートなどを利用するのがおすすめです。
臭いの元は、肌についた雑菌です。とは言え、全てを殺菌することは不可能です。
となると、雑菌の餌となる皮脂、古い角質、汗などを洗い流す(入浴)と同時に、肌の新陳代謝リズムを健康に保つ(スキンケア)ことが必要です。

臭い対策といっても、実際は肌から生じているわけで、スキンケアは大切な要素です。
単に身体をごしごし洗えば臭いが発生しないわけではありません。そこのところを再確認し、臭いの少ない身体を作り上げていきましょう。

関連記事