メンズ美容の基礎知識、テクニック、おすすめのアイテムなどを紹介するメディアです

耐えられない足の臭いは正しく対処して軽減させよう!

この季節、家庭においてもっとも嫌われる匂いの一つが、足の匂いです。
特に男性の方で、普段、会社に行かれる際に革靴を履かれる方は、自分でもその匂いの強さに驚くこともあると思います。

足の匂いの正体は、イソ吉草酸という成分です。
実は、イソ吉草酸は悪臭防止法という法律で規制される匂いです。もちろん足の匂いではなく、工場などで使われる際に規制されるものですが。

ただ、そのくらい強烈な匂いであり、また他人に不快感を与えるものであることは事実です。

ではなぜ足の匂いは、ここまで強烈な悪臭になるのでしょうか。
その答えは、足と靴の相性の良さによるものなのです。普段から裸足で過ごしている方の足は、間近で嗅いだとしても臭いません。

なぜなら、匂いを発生させる大元となる環境がそこにはないからです。
匂いを発生させる環境とは、密封され、湿度が高く、温度が適温であること。これは匂いを発生させる雑菌がもっとも繁殖しやすい環境なのです。

これは汗臭さ、加齢臭なども同じなのですが、身体に雑菌が存在しなかったとしたら匂いは発生しません。
匂いは雑菌が餌を食べ、それを消化する際に副次的に発生するものです。ただ、人の身体から雑菌を全てなくすことは不可能です。

人の身体には百兆を超えると言われる雑菌が存在しますが、その中には身体を悪玉菌から守っている善玉菌も存在します。
この善と悪のバランスが拮抗している限り、体臭は発生せず、善玉菌が勝っている場合には甘く良い匂いすらしてきます。

よく赤ちゃんから良い匂いがするなんていう話がありますが、母乳やミルクしか飲んでいない赤ちゃんの身体には余計な悪玉菌がいないので、これが良い匂いの元となっていると言われます。

話は戻りますが、ともかく雑菌が異常繁殖している状態が、悪臭を引き起こす要因です。革靴の中は、足から出る汗で蒸れ、たった10分ほどで湿度100%に至ります。雑菌の餌は汗や古い角質です。

足の裏、特にかかとは硬く引き締まった角質が象徴するように、非常に角質、つまり悪玉菌の餌が豊富なのです。
更に人が歩くたびに、踏みしめられ擦られた足の裏からは、次々に古い角質が剥がれ落ちていきます。こうなると、雑菌にとっては天国であり、続々と悪臭を作り出してしまうのです。

では、足を臭いにくくするために簡単にできる対策はないのでしょうか。
まず必要なのは、靴の中に汗や汚れをできるだけ残さないことです。そのためには、このような4つの方法が有効です。

1)帰宅後はシューズボックスに靴をしまわず、換気の良い場所に置く
2)靴の中に新聞紙などを詰め、湿気を除去する
3)医療用アルコールなどを噴霧し、靴の中を殺菌する
4)一度履いた靴は連続で履かない

これ以外の方法としては、靴の中に匂いを吸着する重曹を入れておく、防臭スプレーを使用する際は無香料のものを使用する、革靴も洗浄できる洗濯機を導入するなどの方法があります。

いずれにしても、
1)靴の中をしっかり乾かすこと
2)靴の中の雑菌を殺菌すること
の2点を行えば、相当量の匂いを軽減することができるのです。

更に、足自体も見直してみましょう。
まず、足の爪は常に短く切っておきます。爪の隙間には垢(古い角質)が溜まりやすく、そこが匂いの元となります。また、お風呂では、ブラシを使うなどして爪の間をきれいに保つことも心がけましょう。

また、加齢臭対策用の石鹸などは、殺菌力の高さが売りです。先述したように体臭の原因は雑菌です。こういった消臭石鹸を利用すると、多少なりとも雑菌の繁殖を抑えることができますから、匂いは軽減できます。
ただし、殺菌すればいいからといって、医療用アルコールを直接足に振りかけたり、除菌用の塩素殺菌剤などは使用しないようにしましょう。

空気中には、真菌、細菌、ウイルスなど、身体に重大な障害を引き起こすものが存在します。これらが身体に付着しても、通常は善玉菌が抵抗するため問題にはなりません。
ところが、強力な除菌剤で足を殺菌してしまうと、防御力がゼロになるため、危険な菌が容易に繁殖できてしまいます。

こうなると、足の匂いどころか、水虫からそのほか危険な病気までなんでも来いの状態になってしまいますから、病気になります。
匂いは、日々の生活習慣と多少の対策で軽減できます。完全になくすことは不可能ですから、最終的にはあまり気にせず、対策グッズなどを利用することで心を落ち着かせることも大切です。

関連記事